下級国民A(赤松利市 著/CCCメディアハウス/1500円+税/234ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
[Profile] あかまつ・りいち 1956年、香川県出身。関西大学卒業。『藻屑蟹』で第1回大藪春彦新人賞を受賞。「住所不定無職の新人」として話題となる。著書に『鯖』『犬』『ボダ子』『純子』『らんちう』など。2020年、『犬』で第22回大藪春彦賞受賞。

本書は62歳で「住所不定無職」の新人作家として鮮烈なデビューを果たした作家、赤松利市が経験した、東日本大震災の復興事業に関するルポルタージュだ。

著者、赤松は35歳で起業し、一時は年収2000万円を超えていた。しかし、ある事情により会社は倒産。以後、厳しい生活を強いられる。

そんな折、東日本大震災が発生。土建業を営む知人の社長から相談を受ける。震災後の復興バブルに乗るべく専務である息子を東北に派遣するので、「営業部長」となって同行してほしい、儲けが出れば半分は赤松の取り分にするという内容だ。土木業は未経験だが、儲けを出せば利益の半分を手にできる。人生逆転のチャンスだ。そう思い仕事を引き受ける。