交通事故の損害賠償額は増える(imagenavi)

契約の当事者間の約定がない場合に適用される利率が法定利率である。

改正前の法定利率(年間)は民事5%、商事6%である。ビジネスの世界では6%が適用され、個人間の取引などでは5%が適用されている。それが法改正で、民事、商事を問わず当面3%となり、以後、3年ごとに見直されるようになる。