不動産市場への影響も不可避だ。株価は下図のようにすでにコロナ危機を織り込み始めている。

日経平均株価は1月20日の高値から3月19日までに31%下落した。だが、不動産業の株価下落はこれを上回る。東証不動産業株価指数は同期間に38%下げた。東証REIT(不動産投資信託)指数に至っては47%減とほぼ半値になった。

不動産業界では今年初めまで楽観ムード一色だった。1月下旬、不動産大手・三菱地所の吉田淳一社長は不動産市況の見通しについて「今後2〜3年は現状から大きく変わらないのではないか」と話していた。「不動産価格はしばらく高止まり」が業界の常識だった。

だが実際には、2〜3年どころか2〜3カ月足らずで異変を来している。