かとう・しげたか 1942年生まれ。東京大学理学部卒業。国立感染症研究所室長を経て2002年米疾病対策センター(CDC)客員研究員。05年に帰国後、理化学研究所に勤務。
2002年から05年まで米CDC(疾病対策センター)で客員研究員として勤務した加藤氏。日本の新型コロナ対策をどう見ているのだろうか。

──CDCとはどのような組織?

私が米国のCDCに在籍していたとき、同時多発テロの後に起きた炭疽菌事件の対応やイラク戦争前の天然痘ワクチンの兵士への種痘など、立て続けに重要なミッションを行っていた。

SARS(重症急性呼吸器症候群)への対応でもCDCが大活躍した。SARSは、03年の初めごろに一気に注目が高まった感染症で、すべての遺伝子配列を最初に解析したのはCDCだった。CDCの中で急きょ10〜20人のグループが作られ、研究員ごとに解析する遺伝子配列の範囲が割り振られた。分業体制をとって一気に結果を出した。この迅速さは感動的だった。

──日本の今回の対応をどのように見ていますか。