なぜ中国で始まった新型コロナウイルスの感染拡大が欧州で猛威を振るい、イタリアで最も多くの犠牲者を生んでいるのか。その具体的な経緯は医療関係者が今後明らかにしていくだろう。

だが、背景にグローバリゼーションがあることを多くの人が実感している。新型コロナウイルスは中長期的に見て、米国のトランプ大統領の対中貿易戦争よりも効果的に反グローバリゼーションの動きをもたらすのではないか。

EU(欧州連合)は全体として中国とのビジネス上の結び付きが強く、人の往来も盛んで、とくにイタリアには中国系住民が多かった。また、グローバリゼーションを人、物・サービス、資本の地球規模での展開と定義するなら、EUの単一市場はグローバリゼーションの実験場のようだ。域内はシェンゲン協定によって国境検査なしに人が移動できるが、これが感染拡大の一因となった可能性は高い。