中国の経済活動の縮小は予想以上に深刻だ。写真は3月19日、人影まばらな北京のショッピングモール(AFP/アフロ)

中国の各都市で新型コロナウイルスの新たな感染が抑えられ、工場などでは再開の動きが広がっている。しかし一方で、発生源の武漢市を封鎖するなどの感染対策によってもたらされた経済活動の縮小が予想以上に深刻であることも明らかになっている。

とくに3月7日および16日に公表された1〜2月の経済指標は、小売販売額、輸出、固定資産投資などが軒並み対前年比20%前後の落ち込みを示し、全世界に衝撃を与えた。とくに投資はそれまで年5〜6%増の成長が続いてきただけに、対前年比でマイナス24.5%という落ち込みぶりは目立った。

問題はそれだけではない。コロナ後の中国経済の最大の問題は、供給面のショックと需要面のショックが同時に生じている点である。

供給面でのショックが最も深刻なのは製造業のサプライチェーンだ。感染症対策で帰郷した労働者が都市に戻らず各地で人手不足が生じているほか、自動車産業をはじめ部品の不足も深刻である。