史上最大の景気刺激策は再選のため。経済を失速させないことが最優先になった(ロイター/アフロ)

米国で新型コロナウイルスの感染が急拡大する直前まで、好調な経済と民主党の分裂に助けられ、今年11月のトランプ大統領の再選は盤石に見えた。

しかし新型コロナウイルスは再選シナリオを根底から覆し、トランプ政権に経済政策の大胆な変更を要求することになった。

振り返れば、2月上旬、米国は直近に中国に滞在した人の入国禁止を決め、初動は早かった。しかし、それからは後手に回った。感染予防の大胆な国内措置は、経済や株式市場に深刻な負の影響をもたらすため、トランプ氏を逡巡させたのだろう。

実際、トランプ氏は、3月13日に非常事態宣言を発するまでは、希望的観測にとらわれていた。1月18日の時点で感染を懸念するアザール保健福祉長官の進言に取り合わず、2月25日に国立予防接種・呼吸器疾患センターの専門家が「大規模感染は不可避」と発信しても、トランプ氏は「よくコントロールされている」として決定的な措置は見送られた。