たかはし・しんや 1972年生まれ。96年アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)入社。99年日本アーンスト&ヤングコンサルティング(現クニエ)などを経て2005年マネジメントソリューションズ設立。12年から現職。(撮影:尾形文繁)
プロジェクトマネジメント(PM)実行支援のマネジメントソリューションズ。過去2年間で利益成長は2倍超と快進撃が続く。2019年10月には東証マザーズから1部へ昇格。向こう6年で営業利益を19年10月期比11倍超、社員数を約4倍の1000人超に増強する中期計画も打ち出した。高橋信也社長に成算を聞いた。

──昨年12月の中期計画公表とその後の決算説明会を経て、株価が急騰しました。

株価はわれわれのコントロール外だ。増配や自己株買いといったことにはいっさい言及していない。ただ利益が出たらその分は当面、成長資金に積極的に振り向けるつもり。ある種の慎重さを備えつつも、M&Aにも挑戦してみたい。

──中計では25年10月期に営業利益50億円。ところが初年度は減益計画からのスタートです。