DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機(ベス・メイシー 著/神保哲生 訳・解説/光文社/2200円+税/484ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
[Profile] Beth Macy ジャーナリスト。米バージニア州に拠点を置き30年にわたり取材活動をしている。著書に『Factory Man』『Truevine』など。ハーバード大学のジャーナリストのための特別研究員「ニーマン・フェローシップ」など12を超える全米での賞を受賞。

2019年4月、プロゴルファーのタイガー・ウッズがマスターズ・トーナメントで5度目の優勝を飾った。この優勝は、オピオイド(鎮痛薬)依存を克服しての勝利だったため「奇跡の復活」と称賛された。長く腰痛に悩まされ、鎮痛薬が手放せなくなっていたウッズは、17年に「薬物影響下での自動車運転」の容疑で逮捕されている。逮捕時の虚(うつ)ろな目をした写真を覚えている人も多いだろう。

「たかが鎮痛薬」と侮ってはいけない。オピオイドは極めて依存性が高く、ミュージシャンのプリンスや俳優のフィリップ・シーモア・ホフマンなど、過剰摂取が原因で亡くなった著名人も多い。全米ですでに40万人が命を落とし、400万人もが依存症に苦しんでいるといわれる。しかもこの空前の薬物汚染は、医師の処方した薬をきっかけに引き起こされたのだ。