中国政府が3月16日に発表した1〜2月の主要経済指標は、そろって歴史的な低水準だった。新型コロナウイルスの大流行を受けて1月23日には発生源の武漢を封鎖。ほかの地域でも春節(旧正月)の休暇を延長してきただけに当然だ。今年の経済成長率は昨年の6.1%を下回るのはもちろん、通年で5%を割る可能性が高まった。

習近平国家主席は3月4日に開かれた共産党常務委員会で、感染予防・抑制が成功し経済環境も好転しつつあるとの認識を示したうえで「小康社会(ややゆとりある社会)の全面的な完成および貧困脱却」の重要性を強調した。この時期に開催されるはずだった全国人民代表大会(全人代)が延期されたため、今年の政策の方向性を打ち出したものと思われる。

習氏は3月10日に新型コロナの流行後で初めて武漢を視察。中国の官製メディアは習氏のリーダーシップを賞揚し、中央の指導が奏功したという記事を量産中だ。