週刊東洋経済 2020年3/21号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

1870年の創業から今年で150周年を迎える名門財閥、三菱。明治以降の新興財閥は安田、古河、浅野など数多くあったが、三菱の存在感は他を圧倒している。江戸時代から連綿と事業を展開していたライバル、三井、住友と比べても、その実力は一頭地を抜いている。

主要27社の社長、会長からなる「三菱金曜会」を、1つの「大三菱会社」として見立てた場合、その経済規模はどのくらいになるだろうか。

例えば売上高。銀行、生損保、商社、不動産、総合電機、産業機械、化学といった主要産業にグループ傘下の企業を擁する結果、大三菱の連結売上高(金融は経常収益)は69.3兆円となる。「大三井」の42.3兆円、「大住友」の36.9兆円を上回る。また連結従業員数は87万884人、連結子会社数(非上場は除く)は4521社に上る。

さらにバランスシートを算出すると、現預金が80.8兆円、土地・建物が19.9兆円、利益剰余金が27.5兆円となる。資産、負債・純資産計は432.9兆円で、国の670.5兆円と比べると三菱の資産規模の大きさがわかる。

株式時価総額も32.4兆円と三井、住友はもちろん、国内1位のトヨタ自動車を超える。三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)や三菱商事、東京海上ホールディングス(HD)、三菱電機、三菱地所は時価総額ランキングで50位以内に入るなど、上場企業の中でも有数の時価総額の企業を持つ。