頼みの綱だった中国人観光客の激減が響き、新型コロナ関連の経営破綻第1号となった冨士見荘(朝日新聞社/時事)

三河湾を望む愛知県蒲郡市の西浦温泉。そこで最も歴史のある老舗旅館「冨士見荘」が2月21日までに事業を停止し、破産申請を弁護士に一任した。これが、新型コロナウイルスの影響による国内初の経営破綻(負債総額は未定)となった。

東京商工リサーチによると、この旅館は2000年代に入って業績不振が続いていたが、近年は需要が高まる中国人ツアーの取り込みを強化し、経営立て直しを図っていた。宿泊客の8割方は中国人観光客だったという。ところが、新型コロナの影響で中国からの団体ツアーのキャンセルが激増。先行きの見通しが立たなくなり、事業継続を断念した。

その後も、北海道のコロッケ製造「北海道三富屋」(同約7400万円)、兵庫のレストランクルーズ船運営「ルミナスクルーズ」(同約13億円)、大阪の雑貨店経営「愛織」(同数億円)など新型コロナ関連の破綻が続く。いずれも一般消費者やインバウンド客(訪日外国人)の需要に密接に関係した企業であり、新型コロナショックによる需要急減の直撃を受けた。

「こうした業者は決して特別ではなく、全国各地にあり、影響はこれから日本全体に広がることが予想される」と、東京商工リサーチの友田信男・常務取締役情報本部長は言う。

大半の業種へ波及

新型コロナの影響が日本企業の経営破綻急増につながる懸念は日に日に高まっている。