平均年収、平均役員報酬ともに三菱商事がトップ

「ウィンドウズ2000」。三菱商事のある中堅社員は、50代のベテラン社員たちをこう例える。ウィンドウズとは窓際、2000とは年収2000万円を意味する。「仕事の少ない窓際族であるにもかかわらず、年収2000万円をもらっているおじさんたちを揶揄した表現」と解説する。

三菱、三井、住友の3大グループ上場企業59社の平均年収を比べると、1位になったのは三菱商事で1607万円。ただし、この数字にはいわゆる一般職に当たる社員も含まれており、「総合職の社員は平均年収以上に給与をもらっている」(前出の社員)という。

ランキングを見ると、同じく商社である三井物産が3位、住友商事が4位につけ、また上位10社のうち三菱系が6社ある。