ひらの・のぶゆき 1951年生まれ。74年京都大学法学部卒業後、三菱銀行入行。総合企画室長などを経て、2012年三菱東京UFJ銀行頭取、13年三菱東京UFJフィナンシャル・グループ社長。19年4月から現職。三菱みらい育成財団理事長を務める。(撮影:今 祥雄)

三菱グループは創業150周年記念事業として、教育を支援する「三菱みらい育成財団」を設立した。総事業費は約100億円で、10年間にわたり次世代の育成に向けた事業を後押しする。その狙いは何か。財団の理事長を務める三菱UFJフィナンシャル・グループの平野信行会長に東洋文庫で聞いた。

──今回、150周年を記念して設立した財団の目的は。

未来を切り開く若者を育てるための教育プログラムの開発、実践への支援だ。前回、1970年の100周年時に設立した三菱財団は研究助成だった。今回は教育を支援する。