1875年、三菱が本格的に近代的なビジネスに乗り出した頃、慶応義塾からある一人の青年が採用された。 

その人物の名は、荘田平五郎。岩崎彌太郎、彌之助、久彌の3代にわたって三菱の経営の中枢を歩んだ荘田は、三菱合資会社理事長や日本郵船、東京海上保険のトップを歴任し、「三菱の大番頭」といわれた人物だ。

荘田平五郎(1847~1922)(提供:三菱史料館)

1847年、荘田は現在の大分県臼杵市に生まれた。藩校で学んだ後、慶応に入塾。福澤諭吉から目をかけられるほどの俊才だったという。卒業後は慶応で教師を務めたのち、諭吉からの推薦や、慶応の後輩で彌太郎のいとこに当たる豊川良平からの紹介もあり、三菱に入社した。

経理に複式簿記を導入

荘田が最初に行った仕事は、「三菱汽船会社規則」の制定だった。「会社に関する一切の事(中略)すべて社長の特裁を仰ぐべし」として、社長のワンマン経営を明確に打ち出した。 

続いて、経理規定の「郵便汽船三菱会社簿記法」を作り、日本企業の中で複式簿記を採用したはしりとなった。さらに「傭使人扶助法(ようしにんふじょほう)」「職工救護法」など、従業員を考慮した労働施策も策定。荘田は、三菱に近代的な経営システムをいくつも導入し、会社としての体裁を整えた最初の人物だった。

この頃、彌太郎はいち早く事業の要は人であることを見抜き、近代的な人材養成に重きを置くようになっていた。三菱は、1877年に起こった西南戦争で、政府の軍需輸送を独占することになり、巨額の利益を得た。会社は急拡大し、それに伴い、江戸時代の番頭・でっち的な人材ではなく、高等教育を受けた人材の獲得を急いだ。

彌太郎は、大学卒の「学者書生流」を採用したら、武骨無情で店頭に置けば言語顔色は客を追い払うようであったが、その一方で誠実で学識があるため、困難な談判などは書生に限ると述べている(三島康雄『三菱財閥史』)。

実際、草創期の三菱を支えた番頭格の石川七財、川田小一郎が土佐藩の同郷人だったのに対し、1870年代半ばごろから、荘田をはじめ、近藤廉平、加藤高明など高等教育を受けた人材が経営の中核を担うようになっていく。