髙村社長はサイバーエージェントで広告事業を率いていた(撮影:梅谷秀司)

【上場日(市場)】2019月9月19日(東証マザーズ)
 【設立】2006年4月3日
 【本社所在地】東京都渋谷区桜丘町
 【代表者(年齢)】髙村彰典社長(45)
 【事業内容】】「デジタルの口コミ」を掲げインスタグラムなどでのインフルエンサーマーケティングが主力。企業のSNS運用やネット広告も。サイバーエージェントから独立
 【売上高】29億円
 【営業利益】4.3億円(19年9月期)
 【公開価格】2300円
 【直近株価】4365円(3月10日)

インスタグラムやツイッター、ユーチューブなどを中心に、自身の趣味や特技に関するネットでの発信で、多数のフォロワーを獲得している「インフルエンサー」。そうしたインフルエンサーを広告宣伝に活用しようという企業が増える中、頭角を現しているのが、2019年9月に東証マザーズに上場したサイバー・バズだ。

髙村彰典社長(45)は、1999年に創業間もないサイバーエージェントに入社以来、長くインターネット広告事業に携わってきた。約5年間、同事業を管掌する取締役も務めた人物である。