柳川範之 東京大学大学院教授(やながわ・のりゆき)1963年生まれ。慶応大学通信教育課程卒業。93年東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士(東京大学)。東京大学助教授などを経て2011年から現職。主著に『法と企業行動の経済分析』『独学という道もある』など。(撮影:今井康一)

新型コロナウイルスの感染が広がり、多くの国が対応に追われている。数カ月前には予想もしていなかった世界経済へのショックだ。

このような場合に、経済対策としてまず考えておくべきなのは、ショックをできるだけ一時的なものに抑え、持続的な影響のある危機に拡大させないための工夫だ。これは国の政策に加え、企業経営においても必要な視点だろう。

もちろん、ウイルス対策は健康や安全を第一に考える必要があり、純粋に経済面だけを取り出して考えることは難しいだろう。また、どう推移するかを見通せないという意味で不確実性も高い。しかし、やるべき対策はきちんと立てておくべきだ。そうでないと緊急のときに十分な身動きが取れない。