TOB(株式公開買い付け)を仕掛ける前田建設工業と、仕掛けられる側である前田道路との対立が深刻化している。

2月27日、道路舗装2位の前田道路は同首位のNIPPOと資本業務提携の検討を開始すると発表した。5%をメドに相互出資し、道路舗装に使うアスファルト合材の製造プラント分野や技術者の人事交流などで協業を目指す。

さらに、4月14日に臨時株主総会を実施し、1株650円(総額約535億円)の特別配当を実施する計画も打ち出した。

前田道路が進めるこれらの施策は、筆頭株主である前田建設によるTOBへの対抗策にほかならない。前田建設は1月21日、前田道路に対するTOBを開始。直近株価に約50%のプレミアムを乗せた1株3950円、総額約861億円を投じ、3月4日まで(後に同12日までに延長)TOBを実施して、前田道路への出資比率を24.68%から51%に引き上げる計画だ。