築55年でも1億円、ヴィンテージマンションの正体

築年数が経てば価値が下がる。そんなマンションの常識を覆し、逆に価値が高まっている「ヴィンテージマンション」が存在する。

原宿駅徒歩2分の地に立つ雁行型の窓が特徴的なマンション「コープオリンピア」。築55年になるが、今でも50平方メートルの住戸が1億円弱で取引されている。

コープオリンピアでも建て替えの議論がある

こうしたヴィンテージマンションは1960~70年代のマンション黎明期に建てられた物件が多い。それらの仲介を専門に行うフリーダムコーポレーションの谷村泰光代表取締役は「建設当時は見本となるマンションが少なく、海外の建築様式を取り入れるなど自由な発想で設計された」と語る。