こばやし・みきひこ 1989年三井不動産入社。2009年三井不動産レジデンシャルに出向、都市開発三部・開発室長、レジ・海外事業部グループ長を経て、17年から現職。(撮影:尾形文繁)

三井不動産レジデンシャル|2019年供給戸数|全国5位(2365戸)・首都圏4位(1750戸)(供給戸数は不動産経済研究所調べ)

──都心から近いにもかかわらず割安だったエリアで、マンション価格が大きく上昇しています。

私のいる都市開発二部が担当している城東・城北エリアで、それを強く感じます。昨年竣工した「パークホームズ北千住アドーア」は、供給エリアでは最高値の坪単価300万円超でした。業界内では「高い」などと言われましたが、ふたを開けてみると販売は好調でした。