おき・ゆうじん コンサルティング会社などを経て、1998年アトラクターズ・ラボ(現スタイルアクト)設立。分譲マンション情報サイト「住まいサーフィン」を運営。(撮影:尾形文繁)

マンション価格は今、ひとえに供給側の事情で決まっている。

2020年もマンション市況は19年と大きく変わることはないだろう。用地代や建築費が高止まりしているため、大手デベロッパーによる供給寡占という状態は、今後もしばらく続くと思われる。大手は体力があるので投げ売りはしない。値下がりを期待しても、マンション価格はあまり下がらないだろう。

今、会社から家賃補助を受けているような若い人でも、マンションを購入する時期が遅れると、年齢がネックになって住宅ローンの融資条件が厳しくなる可能性さえある。

一に立地、二に立地