イラスト:髙栁浩太郎

数年前、あるIT系ベンチャー企業が上場を果たした。上場時の時価総額は300億円程度。現在は株価も上がり続け、500億円程度となっている。

藤吉徹さん(仮名)は、この企業の創業メンバーの1人。サラリーマン時代に培った会計や財務の知識を買われて、メンバー入りした人物だ。

サラリーマン時代から、年収は1500万円程度とそこそこ高かった。ぜいたくに興味がないということもあって、しっかりと貯蓄しており、上場前の資産規模は数千万円程度だった。

その状況が上場をきっかけにがらりと変わった。資産が一気に70億円程度まで膨らんだのだ。約50億円は自社株として保有したままだったが、一部を売却。現在手元にある資産は20億円程度だ。

富裕層の仲間入りを果たした藤吉さんは今、どのような運用をしているのだろうか。