JR武蔵野線沿線などが狙い目だという(撮影:今井康一)

埼玉県に住む澤田次郎さん(49・仮名)は4年前、IT系企業を退職した。不満があったわけではない。「上司たちの姿を見ていて、これ以上、会社にしがみついても将来はないと気づいた」(澤田さん)からだ。

退職前、澤田さんの年収は約1000万円。共働きで子どももいなかったため、世帯年収は約2000万円に上った。退職金も満額もらえた。澤田さんが、次の生活の糧に選んだのが「不動産投資」だった。

澤田さんは退職後、横浜市郊外の中古マンションを「勉強のつもり」で400万円で購入。4万5000円の家賃で賃貸した。

次いで、東京23区内の分譲マンション2戸を、銀行から2400万円の融資を受けて、3500万円で購入。入居していたオーナーが「できるだけ早く資金を欲しがっている」との情報を得て、格安で購入して賃貸した。

澤田さんは、この取引でノウハウを学んだという。