イラスト:髙栁浩太郎
週刊東洋経済 2020年3/7号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

資産運用にはさまざまな方法があるが、長期的な資産形成を目指す場合には、コツコツと投資残高を積み上げていくやり方がベストだ。株式投資では長期投資でもリスクが減るわけではない。だが長期投資には他の方法にはないメリットがある。長期の積み立て投資を前提に重要なポイントをまとめた。

1. とにかく継続する

長期積み立て投資の最大のメリットは、長期的な経済成長の恩恵をそのまま享受できることである。過去60年における日本の名目GDP(国内総生産)成長率は平均7%程度だが、日本の株式市場の平均利回りも6%を超えており、経済成長とほぼ等しくなっている。つまりコツコツと投資を続けていれば、経済成長分の利益をかなりの確率で享受できる。6%のリターンというのは、高度成長、バブル経済とその崩壊、リーマンショックなどあらゆる相場を平均したものであり、投資期間が長ければ長いほど、平均的なリターンに近づいてくる。途中で投資をやめないことが重要である。

2. リスクについて理解する