戦争は女の顔をしていない 1(小梅けいと 作画/スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ 原作/速水螺旋人 監修/KADOKAWA/1000円+税/192ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

発売直後から、私のSNS(交流サイト)のタイムラインには「あの名作がついに」「まさかのコミック化」と、賛辞のコメントが相次いだ。独ソ戦という、日本ではあまり知られることのなかった出来事が、なぜこんなに多くの人の心を動かすのか? 思わず手に取らずにはいられなかった一冊だ。

原作は、2015年にノーベル文学賞を受賞したスヴェトラーナ・アレクシエーヴィチのデビュー作である。独ソ戦に従軍した500人以上の女性に、気の遠くなるような時間をかけて話を聞き回り、戦争の記憶を一冊にまとめた。ともに語り合い、ともに沈黙し、ともに泣きながらつづられたインタビュー集だが、彼女の祖国ベラルーシでは、長らく出版禁止とされてきた。

舞台となった独ソ戦は、第2次世界大戦と呼ばれる複合的な戦争の中でも、あまりに特殊な位置づけだ。なにせ双方のリーダーが、ヒトラーとスターリンである。その戦いは、相手を降伏させることではなく絶滅させることが目的であったため、「絶滅戦争」と呼ばれることも多い。序盤、ドイツ軍の電撃戦に手を焼いたソ連軍は、各地で時間を稼ぐために消耗戦へ突入していく。