新型コロナウイルス感染が拡大したクルーズ船(横浜港)(AP/ アフロ)

衆議院予算委員会で、野党議員が「桜を見る会」やその前夜祭をめぐる従来の安倍晋三首相の説明の矛盾を追及している。2月17日の衆院予算委員会で辻元清美議員は、ANAインターコンチネンタルホテル東京は過去7年間、政治家関連を含むあらゆる会合について見積書を発行し、宛名空欄の領収書は発行したことがないとの同ホテルの回答を基に、個々の参加者がホテルと契約し、宛名空欄の領収書をもらったという首相答弁の虚構を突いた。首相は、ホテルの説明は一般論だという主張を繰り返し、「信じていただけないということになれば、そもそも予算委員会(の質疑)が成立しない」と述べた。予算委員会は事実に基づく討論の場ではなく、教祖による説教の場になったのか。

同時に、新型コロナウイルスの感染拡大が明らかになった。日本の感染者数は中国以外では最多である。こんな危急の時に「桜を見る会」の追及などすべきではないという声もある。しかし、「桜を見る会」をめぐる疑惑を自ら払拭できない政府だからこそ、新型コロナ問題に対しても適切な政策を打ち出すことができないのである。政治倫理上の退廃ではなく、誠意と統治能力の欠如が政治資金疑惑にも伝染病対策にも表れている。

安倍首相の発想の根底には、子供じみた、あるいは誇大妄想的な全能感があると私は考える。近代国家の為政者は法に従う存在だが、安倍首相は自分についてルイ14世のごとく法を超越する存在だと思っている。集団的自衛権の行使容認の閣議決定から、最近の東京高等検察庁検事長の定年延長に至るまで、解釈を変えたと言えば自分の行動をすべて正当化できると信じている。全能感が過去に向かえば、自分に都合の悪い事実を改ざんすることもいとわない。これは安倍政権の公文書管理への恣意的対応を見れば明らかだ。全能感が未来に向かえば、客観的な根拠のない政策を振り回し、世の中を救うという自己陶酔に浸る。新型コロナ対策はその最新例である。