ひだか・よしひろ 1963年生まれ。87年名古屋大学法学部を卒業、ヤマハ発動機入社。2010年に米子会社のバイスプレジデント、17年企画・財務本部長などを経て、18年1月から現職。
2輪車(バイク)メーカーとして後発でありながら、確固たる地位を築いてきたヤマハ発動機。エンジン技術を生かし、レクサスの一部にもエンジンを供給する。ただ、自動車および関連業界は電動化や自動運転など、100年に一度の変革期にある。エンジンがなくなっていく中でどう生き残るのか。日髙祥博社長に聞いた。

──エンジンがいらない電気自動車(EV)の普及はエンジンメーカーとして痛手では?

EVが広がることは、われわれにとってはリスクとして大きい。モーターに移行してしまうとエンジン技術が生かせなくなる。とはいえ、人が移動する、というニーズ自体はなくならない。できればモーターも内製化したい。ただ造るだけではなく、競争力がある商品でないと勝てないと思う。移動手段の提供とパワートレーンの2軸で生き残りを図る。

──バイクの電動化は進みますか。