JapanTaxiとの事業統合で会見を開いた翌日の2月5日、DeNAは第3四半期に巨額の減損を計上すると公表した(撮影:尾形文繁)

次なる飯の種が見つからぬまま、ディー・エヌ・エー(DeNA)が巨額赤字に沈んだ。

DeNAが2月5日に発表した2019年4〜12月期決算は、主力のゲーム事業を中心に493億円の減損損失を計上し、同期間の営業損益が441億円の赤字に転落した(前年同期は85億円の黒字)。

業績予想は開示していないが、通期でも赤字になる見通しだ。赤字となれば05年2月の上場以降初めてとなる。守安功社長と創業者の南場智子会長は今後3カ月間の役員報酬の50%を自主返納する。

「今年度は有力なゲームタイトルをいくつか仕込んでおり、ゲーム事業(の収益)を反転させることを目指していた。だがそれらが思うようなヒットにつながらなかった」。守安社長はこのタイミングでの減損の理由をそう説明する。

493億円の減損のうち、ゲーム事業がその大半を占める。内訳は、10年に買収した米国のngmoco社ののれんが約400億円、残りの約80億円がゲーム事業のソフトウェア資産だ。ngmocoはすでに16年に解散していたが、これまで減損は実施していない。