シンガポール港のパシルパンジャンターミナル。巨大クレーンがせわしなく動き、はるか先までコンテナが積み重なる

厳重なセキュリティーチェックを終えてシンガポール港のパシルパンジャンターミナルに足を踏み入れた途端、大型コンテナを載せたトレーラーが数珠つなぎで走行している様子が目に飛び込んできた。道の両側には色とりどりのコンテナが5段、6段と積み重ねられ、はるか遠くまで壁のように連なる。交差点を曲がると、やはり見渡すかぎりコンテナの壁。1日にさばくコンテナ個数は10万TEU(20㌳換算のコンテナ個数)。東京港の7倍のスケールだ。これがコンテナを含む取扱貨物量で世界第2位を誇るシンガポール港の実力である。

トレーラーの運転手を除き、作業している人がほとんど見当たらない。「ITの導入で現場に来る必要がなくなった業務がいくつもある」と、シンガポール港を運営する政府系企業PSAコーポレーションの広報担当者が説明する。敷地内でコンテナの整理をする門型クレーンの多くは、離れた建物の中から遠隔操作されている。1人の作業員が複数のクレーンを同時に扱うため効率化でも威力を発揮する。トレーラーも有人運転だけではなく、AGV(自動搬送車)が港湾のあちこちで活躍中だ。

自動化は作業員の職を奪うことにならないのだろうか。こんな質問をPSAの担当者は笑い飛ばして、こう答えた。「港湾の作業はつねに人が足りない。人手不足を補うために自動化を導入した。高レベルの技能を習得して別の部署に移る人もいるが、人員削減は行っていない」。クレーンの遠隔操作は「エアコンの利いた室内の作業は快適で、トイレにもすぐ行ける」と、作業員からも好評だという。