2月9日夜、武漢天河空港に全国6つの省と直轄市から2000人余りの医療スタッフが到着した。これまでの武漢支援で最大規模の混合医療部隊だ(撮影:丁剛)

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、武漢での被害が突出している。国家衛生健康委員会の医政医管局副局長・焦雅輝氏によると、湖北省武漢市の死亡者数は313人。全国の死者の74%を占めている(2月3日時点)。

感染者数に対する死亡者数の割合である致死率を見ると、武漢市は4.9%で全国平均の2.1%を大きく上回る。湖北省を除いたほかの省の致死率はわずか0.16%だ。

この数字からわかるのは、死亡した感染者は湖北省、とくに武漢に集中しており、ほかの省では症例こそ少なくないものの、致死率はそうとう低いということだ。

武漢の致死率が高いのはなぜか。焦氏の分析によると、武漢の前期重症患者は主に3つの指定病院で収容治療を受けているが、これらの病院のベッドがわずか110床しかなく、患者数に対してはるかに不足していたことが理由だ。

ほかの重症患者は20以上の医療機関に分散して収容治療を受けているものの、「四集中」(患者、専門家、資源、救護治療の4つを集中させること)の原則が実行されているとはいえない。分散していることが、管理上のデメリットになっているのだ。このほか、重症医学が専門でない医療チームが管理していることも、現場の医療レベルを低めており、致死率が相対的に高い一因になっている。