報道統制が厳しい中国で、世界を震撼させるスクープを連発してきた経済雑誌「財新週刊」。今回も財新の記者たちは武漢をはじめ中国各地で徹底的な取材を行っている。その成果は欧米のメディアでもたびたび引用されている。ここにご紹介するのは、「財新週刊」に掲載された渾身の特集記事だ。

いま中国で何が起きているのか。医療従事者の苦悩、患者の悲痛、そして政策当局者の蹉跌……描かれるのはあくまでもファクト。新型肺炎が中国の人々にもたらした現実と、そこから脱出するための奮闘ぶりが、抑制された筆致によってあらわにされる。これは中国の人々の苦闘を人類の教訓とするための記録である。

1月23日午前2時、武漢市政府が公共交通機関の運行停止による事実上の「都市封鎖令」を発表したとき、張奇はホテルの一室でまだ眠らずにスマートフォンを見つめていた。

北京で暮らす張は、友人を訪ねるため1月20日に高速鉄道に乗って武漢にやってきた。このとき、メディアはすでに新型コロナウイルスによる肺炎が武漢で急増していることを報じていたが、張はほとんど気に留めていなかった。彼が武漢に着いた日も、街角に緊張した雰囲気はまったくなく、通行人の少なくとも半数はマスクを着けていなかった。

ところが1月20日夜、最高指導者の習近平国家主席が「新型肺炎の感染拡大を断固として抑えよ」という重要指示を発令。さらに感染症研究の第一人者で中国政府の専門家チームのトップを務める鍾南山が、中国中央テレビのインタビューで「ヒトからヒトへの感染が確認された」と明言するや、人々の不安や恐怖心に一挙に火がついた。

その火に油を注いだのが、23日未明の都市封鎖令だ。泡を食った張は大急ぎで荷物をまとめ、(高速鉄道のターミナルである)漢口駅に向かった。同日午前10時をもって駅が封鎖される前に、武漢を脱出するためだ。

「自分はただの旅行客。こんな危ない街に閉じ込められるのはまっぴらご免だ」。漢口駅の切符売り場で、張は財新記者にそう語った。

1月23日朝10時、漢口駅の入り口を封鎖する係員(写真:財新)

同じ頃、漢口駅から5キロメートルほど離れた武漢協和病院では、感染症科の主任医師の趙雷が仮眠をとっていた。彼はもう半月以上1日も休みを取っていなかった。同病院では2019年12月下旬から発熱を訴える患者の来院が急増し、ピーク時には1日800~900人に達していたのだ。

感染症科は院内に5階建ての専用病棟を持つが、その病室は肝炎など接触感染で伝播する感染症の隔離しか想定しておらず、飛沫感染で伝播する呼吸器感染症には無防備だった。そこで趙らは12月31日、病棟の1階を丸ごと呼吸器感染症専用の隔離区画に転用した。

ところが1階の24ベッドはあっという間に埋まり、続いて2階、さらに3階と4階も転用したが患者の急増に追いつかない。感染症科の30人弱の医師だけでは到底人手が足りず、協和病院は総動員体制を敷いた。呼吸器科や救急科の内科医が交替で応援に当たるとともに、看護師は所属科にかかわらず全院でローテーションが組まれた。

そんななか、1月11日に協和病院神経外科の入院患者が手術後に発熱し、容体が急速に悪化。CT検査の画像には左右の肺にすりガラスのような陰影が認められた。さらに、この患者の病室を担当する看護師も発熱し、14人の医療関係者に次々に伝播。1月15日、この患者は感染症科の隔離区画の病室に移送された。

「われわれ感染症の専門医にとって、都市の封鎖は意外ではない。例えば14世紀の欧州での黒死病でも、1910年の中国東北部での肺ペストでも、汚染地域の隔離が重要な役割を果たした」。趙はそう解説する。

とはいえ、常住人口が1000万人を超える武漢のような巨大都市を隔離したケースは、中国はもちろん世界史にも前例がない。新型コロナウイルスが猛威を振るうなか、封鎖後の武漢の都市運営は厳しい試練にさらされている。

武漢市政府は1月23日に武漢を出る交通ルートをすべて遮断し、26日には市内の公共交通機関も停止した。新型ウイルスの市外への持ち出しと市内での拡散を防ぐためだが、それ以前の悠長で鈍感とさえいえる対応から、いきなり戦時体制に移行したのが実態だ。

1月31日24時までに、中国全土で新型コロナウイルスによる肺炎との診断が確定した患者数は1万1791人、死亡者数は259人。そのうち武漢市の患者数は3215人、死亡者数は192人に上る。

ただしデータの推移を見ると、総患者数に占める重症者や死者の比率は当初より下がりつつある。1月末時点では重症化率15.8%、死亡率2.2%と、通常の肺炎と大きく変わらない水準に落ち着いてきた。

状況好転の兆しは武漢市民にとって朗報といえるが、都市封鎖を耐え忍ぶ人々は同時に複雑な心情を抱いている。活気あふれる大都市だった武漢が、なぜ1カ月も経たないうちに疫病都市に転落してしまったのか。もしすべてをやり直せるとしたら、一体何から始めるべきなのか。

感染源はどこにあるのか

新型肺炎の最初期に注目を集めたのは、やはり感染源の所在だった。

「武漢に原因不明の肺炎患者が出現した。SARS(重症急性呼吸器症候群)かもしれない」──。2019年12月下旬、そんな噂がネット上を駆け巡った。この噂の出所は、武漢の医師たちのチャットルーム内で一部の医師が鳴らした警鐘だったことが後に確認された。

12月30日、武漢市衛生健康委員会が医療機関向けに出した「原因不明の肺炎の治療に関する緊急通知」がネット上に流出。そこには、武漢市内の多数の病院で原因不明の肺炎の症例が相次いでいることや、患者たちが生鮮食品の卸売市場である「華南海鮮市場」と関わりがあることなどが記されていた。

翌31日の早朝、防護服に身を包み噴霧器を背負った多数の防疫係官が華南海鮮市場に現れ、場内の消毒を行った。この光景は、多くの市民に2003年のSARSの恐怖を思い起こさせた。SARSは2002年11月に広東省で最初の症例が確認された後、中国全土と海外に急速に拡散。2003年7月に終息するまでに8000人以上が感染し、774人が死亡した。

同日午前には国家衛生健康委員会の専門家グループが武漢に到着。そして午後1時頃、武漢市当局が新型肺炎に関する初の発表を行った。そのなかで同委員会は、医療機関が診察した肺炎患者の多くが華南海鮮市場と関係があるとし、その時点までに27人の患者が確認され、うち7人が重症。その他の患者の病状は安定しており、2人は近く退院する見込みだとしていた。

翌日の2020年1月1日午前8時、武漢市江漢区の市場監督管理局と衛生健康局の公印が押された休場の通達が、華南海鮮市場に張り出された。

同市場は漢口駅から700メートルほどしか離れていない市街地にあり、いつも多くの人々でにぎわっている。2003年頃に開業した後、商売が好調で2度にわたって拡張。現在までに敷地面積約3万平方メートル、総建築面積約5万平方メートル、テナント数が1000軒を超える大規模な卸売市場に発展した。

「われわれテナントの大部分は卸売りと小売りを兼営している。武漢と周辺都市の飲食店は大量の食材を華南海鮮市場から調達していて、休場になったら武漢の商売が立ち行かなくなるよ」。ある商店主は、現地を訪れた財新の記者にそう語った。

名称は“海鮮市場”だが、場内では家禽(かきん)類や野生動物などありとあらゆる食材が売られていた。休場前に財新記者が回ってみたところ、市場の外周に並ぶテナントの多くが水産物を販売する一方、野生動物を扱うテナントはいずれも場内の奥の目立たない場所にあった。

華南海鮮市場は東西2つの地区にわかれており、野生動物の販売店は西地区に集中していた。その西地区には全部で600以上の販売ブースがあり、1000人を超える人々が働いていた。

「休場の通達が出るまでヘビやキジ、サンショウウオ、ワニ、ノウサギなどがずっと売られていたよ。大部分は市場外で屠殺(とさつ)されていたが、生きた犬やヘビがその場で屠殺されることもあった」

ある商店主はそう証言し、さらにこう続けた。

「そのほうが、味がいいからさ。例えば(鮮度の落ちた)ヘビの肉にはいやな臭みが出る。野生動物を売る店ではみな屠殺する生き物を素手でつかみ、防護なんてしていなかった」

そのためだろう。新型肺炎の初期の患者は西地区のブースの関係者に集中していた。しかも市場の衛生状態は劣悪で、ブースの前の通路には汚水が垂れ流され、場内の風通しも悪かった。近所に暮らす市民の間からは、市場から出る大量のゴミや悪臭、食材を運ぶトラックの違法駐車などに対する(行政への)苦情が絶えなかったが、問題は放置されたままだった。

流行性疾患の専門家による華南海鮮市場への検査から、新型コロナウイルスは野生動物の取引と関係している疑いが濃厚になった。

1月26日、中国疾病予防管理センター(CDC)は、華南海鮮市場で採取された585のサンプルのうち33のサンプルから新型ウイルスの遺伝子を検出したと発表。陽性サンプルの採取地点は22の販売ブースと1台のゴミ収集車で、それらの9割以上が市場の西地区に集中していた。

中国CDCは翌27日、「2019年新型コロナウイルスの感染状況とリスク評価」と題した報告書を発表。感染現場からの遡及調査、ウイルスの遺伝子配列の比較、病状の経過観察、血清サンプル検査などの結果から推察して、新型コロナウイルスの由来は野生動物であるとの認識を示した。

その感染経路については、2019年12月初めに華南海鮮市場の何らかの野生動物からウイルスが漏出して市場を汚染し、それがヒトに感染、さらにヒトからヒトへの感染を引き起こした可能性があるとした。

1月21日夜、武漢駅でスクリーンを見上げる家族連れ(写真:財新)

感染源は一つではない

ところが、華南海鮮市場が感染源であるとする結論に疑義を突きつけるデータが思わぬところから浮上した。イギリスの医学専門誌ランセットが1月24日付で掲載した論文のなかの1枚の図表がそれだ。

この論文は、新型肺炎の発生直後から治療に当たってきた武漢金銀潭病院の黄朝林副院長を筆頭著者とする医師グループが執筆し、2020年1月1日までに同病院が収容した41人の患者の病状を分析したもの。問題の図表によれば、最初の入院患者が発症したのは2019年12月1日だったが、この患者は華南海鮮市場に出入りしていなかったのだ。

その後、12月10日にかけて新たに3人が発症したが、うち2人は華南海鮮市場との接点がなかった。2020年1月1日までに金銀潭病院が治療に当たった41人のうち、華南海鮮市場に出入りしていたのは27人だけだった。

金銀潭病院は武漢市の救急医療センターでもあり、もともとは武漢伝染病病院、武漢結核病院、武漢第二結核病院が統合されて発足した。武漢市では唯一の、国家衛生健康委員会が指定する最高級ランクの感染症専門病院だ。その医師グループの論文だけに、いいかげんなデータではあり得ない。

筆頭著者の黄は、財新記者の取材に対してこう証言した。

「現在の総合的な発症状況から見て、(新型コロナウイルスの)感染源は華南海鮮市場だけではなく、複数ある」

ただし黄は、ウイルスの由来は野生動物である可能性が高いとの見方には同意している。

(文中敬称略、初出:「財新週刊」2020年2月3日号)

プラス会員(有料)にお申し込みいただくと
下記のサービスがご利用いただけます。
  • 『週刊東洋経済』の最新号を先読みできる
  • 1000冊以上の豊富なアーカイブを読める
  • 雑誌誌面のイメージでも記事を読める
  • 限定セミナーにご招待