さいとう・まさひこ 1980年東京大学医学部卒業、同附属病院で研修後、松沢病院で勤務。和光病院院長などを経て、2012年から現職。(撮影:吉濱篤志)

日本の精神医療の草分け的存在である、東京都立松沢病院が身体拘束や非自発的入院を最小化するなどの改革を進めている。その狙いを齋藤正彦院長に聞いた。

──院長就任時には2割弱あった患者の身体拘束率が、今は約3%まで減りました。

前に院長をしていた病院は、松沢に比べ医師は半分、看護師も少なかったが、拘束はゼロだった。ならば松沢にできないわけはない。ただ、自分は方針を示しただけで、看護師たちの取り組みがすべてだ。

──身体拘束を1日に130人以上に実施していた現場からの反発は強かったのでは。