(イラスト:ソリマチアキラ)

最近は、FacebookなどのSNSでも、米ツアーの映像がふんだんに流れている。とりわけ弾道追跡機器を使って、ボールの軌跡が帯状に映し出される映像。それを見ると米ツアーは、真っすぐな弾道のティーショットで攻めていく選手が少ない気がする。

大きく左から右へとスライスさせて、見事にフェアウェーをキープさせたり、その逆に右から左へとフックボールで攻めたり。あるいは、低い弾道などなど、そのさまざまな球筋を巧みに操る技量に驚かされる。

昨年のZOZOチャンピオンシップでタイガー・ウッズが優勝したけれど、そのティーショットでも驚くべき「曲げるボール」を使い攻略していた。

その昔、まだドライバーがチタン素材のヘッドではなく、パーシモンヘッドの時代では、プロアマ問わず「曲げるボールをマスターしなければ上達しないよ」とよく聞かされることがあった。