川崎に構えた拠点(撮影は2019年12月)で設計開発の組織を作るという(撮影:尾形文繁)
かつて日本が席巻し、今は韓国や台湾が主導権を握っている半導体産業だが、攻勢を強めているのが中国である。
その代表格である清華大学系の紫光集団が2019年11月に発表した人事が話題になった。日本のDRAMメーカーだったエルピーダメモリ(現:マイクロンメモリ。2013年にアメリカのマイクロンテクノロジーが買収)で最後の社長を務めた坂本幸雄氏が、紫光集団の高級副総裁として加わることが発表されたからだ。
坂本氏は2019年12月に設立された日本の子会社であるIDT(川崎市)の代表取締役となり、そこを研究開発拠点にするという。なぜ中国企業に加わることを決めたのか。その思いを聞いた。

300人弱の開発体制をつくる

――紫光集団ではどのような役割を任されているのですか。

日本でDRAMの設計開発組織を作り、それがちゃんと動くようにすることが大きなミッション。あと、今でもメモリのマーケットはかなり理解しているつもりなので、彼らに(開発に生かせる情報を)提言するということだ。最初は、日本の拠点では70人から100人規模でやる。将来的な技術の研究も必要だから、そのあとは300人弱くらいになるだろう。

――日本の別の会社で働いている技術者に来てもらうのですか?

私たちが電話で「来ないか?」というふうに引っ張ったりはしない。公募による正規の手続きで来てもらうつもりだ。

――つまり、引き抜きはしないと。

そういうことだ。手応えはある。

日本企業にいるエンジニアにはこれまでチャンスがなかったからだ。(2012年に経営破綻した)エルピーダメモリからマイクロンに移った人もいるが、やめた人はみんな小さな会社に行っている。でも、そこでやれることは非常に限られていて、10人から30人くらいの設計者では、最先端の技術開発は無理だ。

エルピーダやマイクロンでこれまで最先端の技術を学んできたのに、2世代も3世代も遅れたDRAMを開発して幸せかどうか。彼ら自身が真剣に考えなくてはいけない。ルネサスエレクトロニクスなどの半導体企業にもエンジニアはまだまだ残っている。安い給料に甘んじて、夜遅くまで働いている。それなら自分(の考え方)を変えて外に出てきた方がいい。

――給料などの待遇はどうなるのでしょうか。

すごく高い。給料に加えて、契約時(入社時)には「サインアップフィー」としてけっこう高い金額を支払う。ほかにストックオプションなどいろいろついてくるから、日本の給料に対して5倍から7倍くらいになるはずだ。単純に考えると、3年も働けば日本の会社にいて退職金をもらうよりも大きな金額がもらえる。3年経ってこんな会社はいやだと思ったら別の会社に行けばいい。

日本の半導体産業は「もう終わっている」

――韓国勢が台頭する一方で日本の半導体産業はかつてと比べるとかなり衰退しました。

もう終わっていますよ。だって、1989年には53%のマーケットシェアがあったのが、今は7%弱でしょう。そういった意味でリカバリーは不可能だろう。

――それでも、日本の技術者は重要だと考えますか

やはり、アナログ半導体は重要だし、(日本には)ソニーのCMOSイメージセンサーやキオクシア(旧東芝メモリ)のNANDフラッシュメモリーも、マイクロンジャパンのDRAMもある。技術開発という意味では、日本のエンジニアの評判は高いですよ。日本に唯一残った強みは開発の部分だから、これを途切れさせたら日本の半導体産業に何も残らないのではないか。

ただ、日本の大学は物理やエレクトロニクスなどの分野から学生がどんどん減っている。国がそこを増やそうとしないのであれば、将来的にみて、もう無理なんでしょう。

私はほかの国の人から、日本はなぜあれだけ技術があって、オペレーションもできて、マーケットもそこそこわかっていたはずなのに、こんなに衰退してしまったんだと、同じようなことをよく聞かれる。それは、日本の会社だけが半導体に特化していないからだと思う。いろんな決断のサイクルが遅すぎる。

――ルネサスやキオクシアなどは総合電機から出て専業でやっていこうとしています。しかし、うまくいっているようには見えません。

それは、本当にCEOになるべき人がCEOになっていないということ。社長としてのトレーニングが全然されていない点が問題だと思う。

世界を見渡したときに、半導体業界出身ではない人がトップに就いて、うまくいっている会社はほとんど存在しない。かといって、バリバリの技術上がりやマーケット上がりの人がやっているのかというと、そうでもない。皆いろんな経験をして、社長としてやっていける素養を身につけている。

たとえばマイクロンのサンジェイ・メロートラCEOはインテルの技術者出身だが、そのあとサンディスクでずっとCOOとしてトレーニングをしてきた。そうして、いつでも社長がやめても後を継げる形にしてきた。テキサス・インスツルメンツ(TI)のリッチ・テンプルトンCEOも同じだ。(海外には)社長の訓練期間があるのだが、日本の場合はなかなかそれがない。

オファーを受けたのは2019年9月

坂本幸雄(さかもと・ゆきお)/1970年日本テキサス・インスツルメンツ入社。1993年同社副社長。2002年にエルピーダメモリ社長になり、2012年の会社更生法申請後は管財人を務めた。2019年11月に中国・紫光集団の高級副総裁、同年12月にDRAM設計を行う紫光集団の子会社であるIDT(川崎市)の代表取締役に就任(撮影:尾形文繁)

――紫光集団に入ることになった経緯を教えてください。

3年くらい前、彼らがNANDフラッシュメモリーを作るというときに、一緒にやらないかと言われた。そのときに武漢に行っていろんな話をしたが、やっぱり体力的に無理があるかなと思い断った。

でも、この(2019年)9月に今度はDRAMを一緒にやらないかと言われた。実は3年前と比較すると今のほうがはるかに体力がある。頭もしっかりしている。ならばやってみようと思った。このまま自分が老いていって何もしなくなるのは負け犬だとも思った。だから、何らかの形で成果を出して自分の人生を終えたい。

――坂本さんは72歳ですが、今のほうがはるかに体力があるというのは?

69歳の時から剣道を始めた。今でも毎朝300本から400本くらい素振りをしている。土日には剣道クラブに通っていて、実にいい気分転換になっている。
 
――紫光集団の中で、この人に声をかけられたのが大きかったという人はいますか。

(紫光集団でDRAM企業のCEOを務める)チャールズ・カオ氏だ。6月に紫光集団がDRAM事業に参入すると発表して、それから2カ月くらいあとにカオ氏が日本に来た。そのときに会って、9月の後半にオファーがあった。 

あちこちで私が講演をしたり、記事を書いたりしていたのを、彼らはずっと見ていたのだと思う。私のようにマーケットやオペレーション、開発まですべてを見ている人は中国のメモリメーカーにはいないと思う。そういった意味から私を選んだのだと思う。

自分の感覚として「わかる」ことが重要

――半導体事業で幅広い経験を持つ人は日本人でも少ないのでは。