加入者数が140万人を超えるiDeCo。拠出額は社会保険料控除の対象になる

2020年度の税制改正大綱では、個人型確定拠出年金(iDeCo)制度の加入要件緩和も盛り込まれた。

注目されているのは、現在20歳以上60歳未満とされている加入可能年齢を、65歳未満まで拡大することだ。

理由は、現役で働く高齢者が増えていることだ。高齢者が増加し、年金財源の問題もあるが、長く働きながらiDeCoなどを活用した老後の資産形成に励んでもらいたいと国は考えているのだろう。