(freeangle / PIXTA)

個人事業主と法人、金銭面ではどちらが有利か──。フリーランスなら一度は考えたことがあるだろう。筆者もその一人。昨年、信用面を考えて個人事業主から法人化したが、初めての確定申告を控えやや不安。そこで改めてどちらが有利か検証した。

青色申告が有利

個人事業主と法人を比べる前に、個人事業主の申告形態、「青色申告」と「白色申告」の2つの違いを見ておこう。

税金面だけを考えたら、青色申告をしたほうが断然有利だ。確定申告の際、青色申告では、収入から経費を引いた「事業所得」からさらに65万円(簡易簿記の場合は10万円)を控除できるのに対し、白色申告では控除が受けられない。

控除後の所得は、所得税や住民税の税額計算の基になる「課税所得」になるが、65万円違うと税金にもだいぶ差が出る。

例えば、事業所得が350万円だった場合、青色申告での所得税額は14万2500円、白色申告では27万2500円になる。その差13万円。加えて、住民税も10%として計算すると、税額は青色が白色よりも6万5000円少なくなる。所得が増え税率が上がると、さらに差は開く。