「税金が多い会社」の首位はトヨタ自動車で6600億円に達する(撮影:鈴木紳平)

企業にとっては、きっちり利益を出して、税金を納めることは、非常に大きな社会貢献といえる。では、より多くの税金を納めている企業はどこか。

そこで、上場企業の決算数字を基に作成したのが、「企業納税ランキング」だ。ここでは、法人税等の額が大きい会社に加えて、税引き前利益に対して法人税等の比率が高い会社と低い会社を順番にして、それぞれ100位までをランキング形式で掲載した。

納税額のベースとしている数字は、各企業の最新決算(2018年11月期〜19年10月決算内)の、「法人税等」の額。この数字は、企業の決算で開示されている、その期の法人税や法人住民税などの納税額だ。ただ、固定資産税や消費税、自動車税など、経費として計上される税金は含まれない。一方で、連結決算の企業の場合は、海外子会社が現地で納税した法人税も含まれている可能性がある。

また、税効果会計を使って、将来、税金が還付されることを見越して繰り延べ税金資産を計上した場合は、企業会計ではその分が差し引かれる。ここで表記している「法人税等」の額は、そうしたマイナスになる法人税等調整額も含まれるため、数字がマイナスになる会社もある。

トップはトヨタ自動車

ランキングを見ていこう。納税額が多い「税金が多い会社」ランキングのトップは、トヨタ自動車だ。その額は19年3月期で6599.44億円に達する。単独決算上に記載されている「法人税、住民税及び事業税」の額は4440億円。国内の法人税額はその程度の規模だと推察される。