金岡弁護士は、取り調べにおける弁護人立ち会いの問題を10年以上取り組んできたという
日産元会長のカルロス・ゴーン被告がレバノンに逃亡してから1カ月が経つ。なぜゴーン被告は日本の司法システムから逃げたのか。日本の司法制度に問題はないのか。刑事事件を多く手がけ、弁護人として警察の取り調べに立ち会ったこともある金岡繁裕弁護士に話を聞いた。


――海外メディアを中心に、「日本の司法システムは人質司法ではないか。自白を強要したり、取り調べに弁護人の立ち会いが許されていなかったりするのはおかしいのではないか」という批判があります。

「弁護人の立ち会いがないのはおかしいのではないか」という指摘は、私がこの10年以上、追求してきたテーマです。

一言で言えば、日本の司法の状況は「異常」です。弁護士が立ち会って何が悪いのか? と率直に思います。

――東京地検の斎藤隆博次席検事は1月9日の記者会見で、「日曜日を除く毎日2時間前後、計120回以上、ゴーン被告は弁護士と接見し、弁護士から毎日助言を得ていた。取り調べに弁護士が立ち会えないから弁護士から助言を受けられないというのは見当違いだ」と発言していました。

つまり、弁護士が取り調べに立ち会えなくても、毎日2時間、弁護士との接見を許しているのだから問題はないということのようです。

だから何だと検察は言うのでしょうか。私には意味がわかりません。意味不明です。

――どの点が「意味不明」ですか?

弁護人とゴーンさんが接見して打ち合わせをするのは当然のことです。弁護人との事前、事後の打ち合せは、別途必要なものです。検察に聞いてほしくない打ち合わせもありますし、いろいろと事前に想定をしたり、弁護側が秘密裏に進めたりすることはあるものですから。しかし、「それはそれ、これはこれ」です。弁護人と接見しているから取り調べに弁護人が立ち会わせなくてもいい、ということにはなりません。

取り調べは本来、海外で言えば「インタビュー」です。弁護人が横にいれば、ゴーンさんが「黙秘権を行使しようかな」と迷ったときに直ちに助言を受けられます。記憶があやふやなので「あのデータを見たいのだが」とゴーンさんが言えば、横にいる弁護人がパソコンを開いてデータを見せればいい。それをその場で行えない理由があるでしょうか。

ゴーンさんに事情を聞きたいのであれば、彼が間違うことなくきちんと言うべきことを言い、黙秘すべきことは黙秘し、記憶喚起の資料がなければ弁護人を通じてデータを参照する、それらをして何が悪いのでしょうか。ダメな理由が見当たりません。

間違えたことを聞いて困るのは検察のほうだ

「インタビューにおいて弁護人のサポートがいるかいらないか」と言えば、ゴーンさんがきちんと話ができるように、いざというときのために弁護人が横にいることは不可欠です。弁護人の取り調べの立ち会いは、ゴーンさんに指示を飛ばすためのものではありません。取り調べのときに「黙秘したいのだけれど、黙秘したらまずいかな」と思うこともあるだろうし、「記憶喚起のために手帳を見たいのだけれど手元に手帳がないな。記憶が曖昧なままで話をしてもいいのかな。検事さんが『話をしなさい』と言っているしな……」と迷った時に、弁護人が横にいなければゴーンさんは判断を誤りかねません。

よしんば、取り調べの前後の接見でゴーンさんに弁護人がアドバイスをできるとしても、リアルタイムの接見(取り調べの弁護士の立ち会い)に比べれば劣ります。弁護人からすれば、今、ここ(取調室)で助言し、判断を誤らないようにするのが、基本にして重要です。

ゴーンさんから本当に事情を聞きたいのであれば、検察官はむしろ、弁護人の同席を望むべきでしょう。なぜなら、間違ったことを言われて困るのは検察のほうだからです。後からゴーンさんに「黙秘したかったのに」と言われたら嫌でしょう。お互いフェアにやって間違いのないことをきちんと聞く。つまり、ゴーンさんを「事情を説明する主体」として尊重するのであれば、検察官は、弁護人が横にいることを歓迎すべきです。

私が「意味不明」だと思うのは以上の理由からです。「毎日2時間、弁護士と接見している」から弁護士が立ち会わなくても問題がないかのようにいう斎藤次席検事の発言は意味がわかりません。1つたりともわかりません。

検察は被疑者を支配下に置きたいと思っている

あえて検察側の見方を理解しようとすれば、ゴーンさんを「取り調べの客体」としてしか見ていないからなのでしょう。「事情を説明する主体」とは思っていない。ゴーンさんから事情を聞くのではなく、「認めさせる」とか「吐かせる」とか「言い訳をさせない」とか、ゴーンさんを支配下に置こうとするのであれば、弁護人の立ち会いは邪魔だということでしょう。

机を叩いて「あなたの言っていることは嘘でしょう!」とやりたくても、弁護人が横にいればできません。「こういうことを言っている人がいます」と検察が言っても、「本当にそうですか? そのソースを見せてください」「誤導ではないですか?」と冷静に対応するでしょう。被疑者だけだとこうはいきません。検察に言われて、「そんなことを言っている人がいるんですか? 自分の記憶が間違っていたかな?」となりますよね。

ゴーンさんから自白の供述調書を取りたい、支配下に置きたい、言い逃れできないようにしたい、と検察が思っているからこそ、「横に助言者がいるのは邪魔だ。苦情があれば後から弁護人と接見して弁護人に言えばいい、1日2時間も弁護人と打ち合わせができるわけだから」という発想になるのでしょう。