(Graphs / PIXTA)

毎年1月1日時点の土地・建物の所有者に対し、市町村(東京23区は都)が課す「固定資産税」。納税通知書のとおりに税金を納めているはずだが、固定資産税には評価ミスで、「過徴収」されているケースが少なくない。

総務省の調査では、2009年度から11年度の間に、97%の市町村で固定資産税のなんらかの評価ミスがあったとしている。件数は過小徴収も含め全体の0.2%、500件に1件の割合だ。

近年でも、名古屋市で14~16年度の間に989件、埼玉県和光市で10~18年度の間に1158件など、過徴収は相次いでいる。

過徴収に気づき、市町村に申し出て固定資産税の過払い分を取り戻した例もある。

評価ミスが多いのはなぜなのか。個人向けに固定資産税の通知書の読み方を指南する中山慎吾税理士は、「プロ不在とマンパワー不足が主な原因」と分析する。