2020年代の世界経済は10年代よりも成長が鈍る公算が大きい。もちろん西側先進国と中国の生産性が目に見えて改善するとか、インドとアフリカの経済成長が加速するなら、この限りではない。

確報値が出るのはもう少し先だが、10年代の世界の経済成長率は年率3.5%程度に落ち着くとみられる。00年代の成長率に近く、1980〜90年代の3.3%をやや上回る水準だ。過去20年間にわたって世界経済が多少なりとも拡大したのは、ほぼ完全に中国のおかげといえる。

逆にいえば、多くの国は潜在成長率を下回る成長しか成し遂げられなかったということだ。理屈からいけば、世界経済の成長率は10年代に年率4%を上回ってもおかしくなかった。しかし、そうは問屋が卸さなかった。ユーロ圏経済は予想以上に弱く、ブラジルとロシアの成長率も大きく落ち込んだ。