よしおか・あきら 1968年生まれ。92年に青山学院大学理工学部卒業。西洋環境開発を経て、2001年にアスクル入社。11年にメディカル&ケア担当執行役員。12年に取締役。19年8月から社長兼CEO。(撮影:ヒダキトモコ)
オフィス用品通販のアスクル。2019年8月、個人向けEC(ネット通販)LOHACO(ロハコ)の業績不振を理由に、筆頭株主ヤフー(現Zホールディングス)により岩田彰一郎社長が解任された。後任の吉岡晃社長はヤフーとの提携解消を訴えてきたが同年12月に一転、提携強化を発表した。方針転換の理由を聞いた。

──社長就任直後は、ヤフーとの提携解消を掲げていました。

提携強化を打ち出したのは、アスクルの企業価値を向上させるうえで合理的だと判断したからだ。業績向上とロハコの構造転換、これら2つを追求するには、ヤフーが運営するECサイト、PayPay(ペイペイ)モールとの連携を密にすることが有効だと考えた。

19年8月の株主総会の前は、ヤフー側の真意がわからず提携解消を求めてきた。コミュニケーションに課題があったのかもしれない。ただ昨年9月以降、ヤフーの川邊健太郎社長や小澤隆生取締役と協議を重ねた。今は、ロハコの健全な成長に向けて構造転換を進める点で理解が一致している。

──ヤフーとの協調路線を強めて、ガバナンス体制を維持できるのでしょうか。