81年間の歴史を持つ中野区新井小学校は今年3月末で閉校になる

学校が減っている。地方だけではない。東京都でも減っている。

下図を見ていただきたい。2002〜17年度に全国で実施された公立小中学校の廃校数は6489校、うち東京都は231校で、全国で5番目に多い。新設も考慮した公立小中学校の総数は、同じ期間に全国で4679校減り、東京都でも118校減った。

背景にあるのは少子化だ。公立小中学校に通う全国の子ども数はこの15年で約132万人減った。

東京都で廃校の多い有数の自治体は足立区。1987年に119校あった区立小中学校は104校まで減っている。今後も子どもの減少が予想されるため、統廃合が決まった学校や、検討対象となっている学校がある。

区は、小中学校ともに、1校当たり12〜24学級を維持している学校を適正規模校と定義。この規模を満たさない学校を小規模校として、統廃合の検討対象としている。