1月10日、千葉の本社で社長交代を発表。創業家の岡田元也社長(右)の後任には、現イオンモール社長の吉田昭夫氏が就く。現地・現場主義を徹底するスタイルで、重要ポストを担ってきた(撮影:尾形文繁)

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが、23年ぶりの社長交代を決めた。吉田昭夫副社長(59)が3月1日付で社長に昇格し、創業家出身の岡田元也社長は、代表権のある会長として引き続きグループ経営に携わる。

1月10日、千葉市の本社で行われた会見の席上、元也氏は「イオンはこのところ成長スピードが落ちている。新しいリーダーの下、成長モードを切り替えていかなければならない」と淡々と答えた。だが、「事前の連絡はいっさいなかった」(グループ会社首脳)と言うように、国内外で300社を超えるグループ企業の幹部がトップ交代を知ったのは発表当日。本社で幹部向けに元也氏が自ら説明を行ったのは、発表から1週間後のことだった。

長期政権の弊害

三重県の呉服店「岡田屋」を源流とするイオンは、M&A(企業の合併・買収)をテコに業容を拡大してきた。元也氏の父親で名誉会長を務める岡田卓也氏は、地域スーパーのフタギ、シロとの共同出資でイオンの前身であるジャスコを1970年に設立した。  

97年に元也氏が社長に就くと、マイカルやダイエーなどかつてのライバルを傘下に収めた。金融や不動産開発など事業の多角化も進め、売上高8兆5000億円超、国内外で約2万2000店のグループ店舗数を持つ巨大企業に育てた。

創業家出身とはいえ、元也氏は長期政権が自主性を重んじるグループ経営の弊害になっていると感じていたようだ。「誰も元也氏に『ノー』と言えない状態。自分の存在があまりにも大きくなりすぎていることを本人も理解しており、役員会ではあえて最後まで発言しないケースが増えていたようだ」(小売り関係者)。業界内では、「10年以上前から周囲に辞意を漏らしていた」という話もある。