個人の尊厳より集団の尊厳 帰属意識が引き起こす混迷
評者・青山学院大学教授 会田弘継

『IDENTITY 尊厳の欲求と憤りの政治』フランシス・フクヤマ 著/山田 文 訳(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)
[Profile] Francis Fukuyama/1952年生まれ。米コーネル大学でアラン・ブルームに、ハーバード大学でサミュエル・ハンティントンに師事。ジョンズ・ホプキンス大学、スタンフォード大学で教授。『歴史の終わり』のほかに『「信」無くば立たず』『アメリカの終わり』『政治の起源』『政治の衰退』など著書多数。

今日の世界の混迷を、「アイデンティティの政治」という流行のキーワードを使って『歴史の終わり』(1992年刊)の著者が読み解く。タイトルと著者名を見ただけで食指が動く。

現代政治の表層をなぞっただけの著作ではない。小著ながら、ギリシャ哲学から始まる西洋思想史を縦横無尽に渉猟し、混迷の本源に迫る。

いま吹き荒れるナショナリズムや各国の国内政治の分断・対立は、一般に「アイデンティティの政治」という言葉で説明されている。根底には、人間が「尊厳」を求め、「承認」を得たいと望む欲求がある。それが近代化を突き動かしてきた一方で、今日の混迷を引き起こしたことが分かる。

誤解の多い「歴史の終わり」の概念だが、著者は人類の制度の最終到達点は自由と民主主義、市場経済であることを示したと、あらためてその意味を説く。92年の著書の最後の数章では、「歴史の終わり」後も「テュモス(気概)」の問題は解決せず、それは対等でありたい、優越したいという願望として現れると論じた。

本書はそこから再び論を起こし、ルターの宗教改革による「内面としての自己」の発見に始まる個人の「尊厳」への欲求が、近代の民主主義を生み出した経緯をたどる。

普遍的な個人の尊厳を求める動きの一方で、そうした普遍主義=近代化に追いやられて失われた文化を取り戻そうとする動きも起きた。「集団の尊厳」を求める近代ナショナリズムだ。それは人が帰属意識を取り戻そうとする動きでもある。ナショナリズムは20世紀に2回の世界大戦を引き起こすことになった。