じゅないだ 1978年生まれ。京都精華大学芸術学部卒業。2007〜11年芸能プロダクションAMUSEとアーティスト契約。10年に京都市内にHedgehog Books and Gallery立ち上げ。15年『HOME』でボローニャ国際絵本原画展入選。各種媒体のアートワーク制作も多岐に手がける。(撮影:梅谷秀司)
東京都心、一等地の大型書店。入り口すぐのベストセラーコーナーに、スマートな表紙のビジネス本がひしめく中、ひときわカラフルな絵本がちょこんとランクインしている。発売以来続く堂々のポジションキープに、もはや場違い感マヒ。何がそこまでオフィス街の人々をとりこにするのか。

──「わたしの」「お気に入りのコートの」で始まって、奇想天外な世界が繰り広げられます。前ページの最後の「の」が、次はどんな時空へつながるのかまったく予測不能。「の」という単語の無限パワーを見せつけられました。

最初に「の」の面白さに気づいたとき、これは本になるなと思いました。本の構成として最初は、お気に入りのコートの、ポケットの中の、とわかりやすく入って、ポケットの中から、ありえない世界へ話がブワッと動き出す。

「の」に着目したきっかけは、うちの奥さんが昔買った日本独特なもろもろを紹介する本でした。パラパラ見てたら、「の」という言葉は日本語でしか表現できないという話があったんです。確かに「の」って日常のあらゆる場面でたくさん使ってますよね。所有格だけじゃない日本語ならではの“含み”みたいなものもフォローする。でも文章書くときは何々の何々の何々のって続くのは美しくないと避ける。それを逆に続けてみたら面白いなと思ったんです。途切れない。逆にどうやって終わろうみたいなことを考えるぐらい、どんどんどんどん永遠にバトンタッチされていくみたいな感じ。しかもそのバトンタッチされた先が、物であっても空想であってもどんな突飛な世界であっても、いとも簡単に「の」がつないでしまう。

正解ないもの楽しめる心を。わからないけど面白い、が一番

──ポケットの中から始まり、時間も空間も、突拍子もない世界を飛び回った後、最後にポケットの中へすとんと戻る。そこに何か意味が込められているんですか。

それを僕が言うのはやぼかな。読者の方に委ねたいところがたくさんあるので。