米国とイランの緊張が激化している。1月3日、イラクの首都バグダッドの国際空港でイランの精鋭部隊・革命防衛隊の実力者ソレイマニ司令官らが米軍によって殺害されたことにより、位相が変化した。〈中東の衛星テレビ局アルジャジーラやAP通信によると、親イランのイスラム教シーア派武装組織のムハンディス副司令官らも殺害された。ソレイマニ司令官が航空機でバグダッドに到着した後に空爆があったとしている。/米国防総省は声明で「大統領の指示で、米軍はソレイマニを殺害することで、海外の米国人を守るための断固たる防衛措置をとった」と表明。ソレイマニ司令官が「米国の外交官と軍人を攻撃する計画を積極的に進めていた」と指摘し、昨年12月末に米国人が死傷したイラク国内の基地への攻撃を指揮したことなどを挙げた。/イラン国営テレビは3日、ソレイマニ司令官が「殉教者となった」と報じ、同司令官が死亡したことを認めた。革命防衛隊に近いファルス通信も同日、「ソレイマニ司令官が米国のヘリコプターによる攻撃で殉教者となった」とする革命防衛隊の発表を報じた〉(1月3日付「朝日新聞デジタル」)。

ところで、軍事やインテリジェンスの世界に「中立化」(ニュートラリゼーション、neutralization)という業界用語がある。敵対する人物や組織の活動をやめさせることだ。人に対して用いるときは殺害になる。ただし、殺害というと聞こえがよくないので中立化という言葉を用いる。

イランは神権国家で、シーア派イスラム教による世界革命を目標にしている。革命防衛隊のコッズ部隊は、中東地域でイランの影響力拡大のためにテロを含むさまざまな破壊活動に従事している。イランからすれば、コッズ部隊はテロ活動を行っているのではなく、聖戦(ジハード)に従事していることになる。