イラスト:岡田航也

「海外で博士号を取得し、論文も多数執筆してきた。氷河期世代に対して、よく世間は努力が足りないと言うが、研究者としてこれ以上、どう努力を重ねたらいいのか」。仏文学を専攻する、50代男性のAさんは憤る。

Aさんは都内の私大を経て、2000年代初頭にフランスに留学した。「大学教員になるためには、今後は博士号取得が必須となるはず」(Aさん)と踏んだためだ。在仏期間3年半の早さで、30代半ばに文学博士号を取得した。

ところが帰国後、大学教員の常勤職にいくら応募しても採用されない。国は大学院重点化策を進め、博士課程修了者数は膨張したが、受け皿となる大学教員の採用数は、国の運営費交付金が減らされるなどで減少に転じたためだ。

数少ない常勤ポストの奪い合いの勝敗を分けるのが、人脈とコネだ。団塊の世代が順番待ちをしているうえ、仏文は伝統的に国公立大人脈が幅を利かせており、私大出身者が入り込む余地はなかった。また、純粋な公募もあるにはあるが、「ほとんど宝くじに当たるようなレベル」(Aさん)だ。