年末年始、紅白歌合戦も知らない曲ばかりで、つい見てしまったのがテレビ東京「孤独のグルメ 大晦日スペシャル」である。

主人公の井之頭五郎氏は個人で輸入雑貨商を営み、独身という設定。ゆえに「ぼっち飯」がデフォルトになっていて、普通なら世間の同情を買うところである。しかるにそれこそが、現代人にとって最高の自由でありぜいたくである、という仮説がこのドラマの根幹を成している。

なるほど五郎氏は、飯を食うときに客先や上司に気を使うことはない。いつ、何をどれだけ食べるかは、すべて自分で決めている。高い店には近寄らないが、健啖(けんたん)家であり、たくさん頼みすぎても決して残さない。食前と食後には、手を合わせて「いただきます」「ごちそうさま」と唱える。まことに仁なるかな。俳優・松重豊氏が醸し出すこのストイックさこそが、番組人気の秘訣かもしれない。