株式時価総額は1500億円を超えた。中央が佐々木大輔CEO(撮影:今 祥雄)

【上場日(市場)】2019年12月17日(東証マザーズ)
 【設立】2012年7月9日
 【本社所在地】東京都品川区西五反田
 【代表者(年齢)】佐々木大輔CEO(39)
 【事業内容】クラウド会計ソフトを手がけ、個人事業主や中小企業向けに会計・人事労務などの事務効率化ツールを提供。SaaS企業で月額課金型の収益モデル
 【売上高】45億円
 【営業利益】▲28億円(19年6月期)
 【公開価格】2000円
 【直近株価】3295円(1月14日)

2019年で2番目の大型上場だ。クラウド会計サービスを手がけるフリーが12月17日、東証マザーズに上場した。株式募集・売り出しの金額や時価総額では6月に上場したクラウド名刺管理のSansanに次ぐ規模。調達した約120億円は営業・マーケティングや製品開発に投じる。

主力製品の「会計freee(フリー)」は、既存の会計ソフトとの発想の違いを前面に打ち出し、個人事業主やベンチャー企業向けに展開する。従来は会計帳簿と同様に、貸方・借方の項目に数字を打ち込んでいた。だがフリーは、さまざまな銀行やクレジットカード会社と連携し、明細データを取り込んで自動で仕訳する。