スパイ小説のようなカルロス・ゴーン氏の逃亡劇は、保釈(bail)のあり方をはじめ、日本の刑事司法上の問題点をあぶり出す形となりました。法治国家(law-abiding country,country under the rule of law)として外国からの信頼を得てきたとはいうものの、外国人は日本で仕事をしたり暮らしたりするリスクに敏感になりつつあります。ゴーン氏個人のことはさておき、司法上の問題点は何か、どう見直すべきか、といった視点で改めて考えてみたいものです。

The interrogation process behind closed doors is highly controversial.

密室での取り調べのプロセスは、大きな議論の的になっています。

controversialは「議論の的になる、意見が分かれる」という意味の形容詞で、意見が真っ二つに割れているときに使われます。賛成する人が多い一方、強い反対意見も存在する状況です。